太陽光発電で効率的な売電収入とは

【売電価格ガイド】

快適な売電生活を送るために

太陽光発電や風力発電といったクリーンエネルギーによって発電した電力を長期期間、固定価格で買い取る制度が7月1日に開始されました。

再生エネルギーの買取制度とは

再生エネルギーの固定価格買い取り制度とは、太陽光、風力、地熱、中小規模水力、バイオマスによってつくられたクリーンエネルギーを電力を電力会社に買い取ることを義務付けた制度です。以前までの買取制度では余剰電力のみに限定されていたのですが、7月1日に施行された買取制度では、この範囲が拡大されて新規参入を促進させています。

 

固定価格買い取り制度によって国民の負担は?

再生エネルギーの固定価格買い取り制度が施行せれたことによって、電力会社が買い取った費用の一部を、私たち国民が電力利用者として賦課金として負担することになりました。
※例外として、多く電気を使用する事業者と東日本大震災で被災された方は免除を受けることができます。

 

固定価格買い取り制度によって

標準家庭《月300kwh使用、電気量が7000円》の場合は、賦課金は66円。住宅の余剰電力買取り制度にかかる「太陽光促進付加金」と合わせると再生可能エネルギーへの負担は約100円程度となります。

【売電 ガイド】管理人ご挨拶(サイトの目的)

地球温暖化が非常に重い問題として取り上げられています。 国連気候変動サミットで、温室効果ガス25%削減を公表し本格的に地球環境問題について取り組む時期が来たのではないかと思います。次世代の為にも「今出来ること」を考え少しでも環境問題に対する情報を発信できればと考えております。

更新履歴