売電収入ってどれくらい?

設置費用が回収できる!

設置費用は回収できる?

では、太陽光発電を設置してどれくらいで回収できるかシュミレーションしてみましょう!

売電収入で10年以内に回収できる!?

資源エネルギーの試算によると、2009年から補助金を申請した人たちの設置費用平均は約185万円でした。太陽光発電を設置して10年間での得する金額をみてみると、国や自治体の補助金やローン減税、当初10年間の電気代の節約額、余剰金の売電収入などの合計で約148万円になります。当初の設置費用金額185万円には37万円不足する計算で、太陽光システムを設置した費用を完全に回収するには10年〜20年近くかかってしまう計算になります。

 

しかし、今回導入された余剰電力買い取り制度の仕組みを使って売電収入が2倍になると、10年間の収入は約100万円増加する計算で、10年で得する金額は198万円に増加し、設置費用の約185万円を上回る計算になります。10年以内に設置費用を回収でき、なおかつお釣りがくる計算になります。この余剰電力買い取り制度がスタートしたことによって、格段にお得になったのではないでしょうか。