平成26年度 売電価格

2014年≪平成26年度≫売電価格

2014年≪平成26年度≫の売電価格とは

太陽光発電システムを搭載することが身近なものとなっています。実際に新築物件などの場合では、予め住宅をオール電化仕様にしておき、屋根にはソーラーパネルを設置した状態で設計することも広く行われています。

そんな中、太陽光発電のシステムを持っている住宅の場合では、余剰電力については売電することができます。売電に関しては毎年改正されている部分になるために、リフォームなどを利用して設置することを希望されている方の場合でも常に動向をチェックすることがおすすめになります。

 

2014年の売電価格については既に発表されており、10kW以上の設備の場合では税抜きで32円を20年間約束されていて、10kW未満の場合では税込37円を10年間約束されています。さらにW発電のシステムを用意している10kW以上の設備の場合では税抜きで32円を20年間約束されていて、10kW未満の場合では税込37円を10年間で10年間の買取りが約束されています。

 

一般的な住宅の場合では37円に相当するケースが殆どになりますが、その中でもオール電化仕様にしていて、効率の優れている給湯器などを設置している住宅の場合ではW発電に相当することになります。

 

売電価格については一定期間を補償することが前提とされているために、設置を行った年度によって価格が予め決められていることになります。今後の動向に関しては、価格が下落することが予測されているために、将来的に太陽光発電システムを導入することを希望されている方の場合では、できるだけ早めの設置がお得になる可能性があります。