電力の買い取り制度

売電の仕組み

売電の仕組み

そもそも売電の仕組みは、国が定めたルールの中で自然を利用した発電による電力を電力会社が買い取る制度のことを言います。最近では太陽光発電が有名で、特に屋根の上に太陽光ソーラーパネルを設置しているところが多くあります。

 

太陽光の場合、たとえば雨が多い時期やあるいは冬場に雪が降る北国などの場合には、太陽光自体が日が当たらなければ電力を発生しようがなく、当然ながら売電はできない場合もあります。この場合は売電収入で得られる金額と使用した電力料金とを比べて、差し引きでもし売電収入の方が多ければその分だけ収入になりますし、逆に電力使用量の方が大きい場合には電力使用量を支払う必要があります。

 

制度の仕組みの特徴

いつまでも売電収入が得られるかどうかは分かりません。たとえば太陽光発電を開始して20年間などのように売電できる期間を国が定めている仕組みになっています。

 

ただし、この場合もソーラーパネルの損傷などの問題はありますが、おそらくは売電収入が得られなくても自家発電として電気料金がかかる可能性は低いと見られています。つまり売ることはできなくなる可能性があるけれども自分の家で使用する分を賄うことは可能になるのではないかと見られていますし、また太陽光のソーラーパネルが古くなったなどの理由で買い替えた場合にはどうなるのかなど、仕組みの細部についてはこれから将来において国の方で議論がなされる可能性があります。