太陽光発電で売電のしくみとは

売電とは

売電とは

太陽光や風力などの再生可能エネルギーをもとに発電した電力を、一定期間において国の定める価格で電力会社が買い取ることを指します。売電の方法は「余剰買取」と「全量買取」があり、好きな方法を選択することができます。

売電の仕組み

太陽光を用いて発電を行った場合は、そこで作られた電気を専用の機材を用いて通常電力会社から送られてくる電気よりも高い電圧にされます。電気は電圧の高い方から低い方へと流れていくため、電圧を高くすることによって逆方向に電気を流すことができます。実際には逆流する訳では無く、専用のケーブルを用いて送電され、その量を売電メーターで計測し一定単価で買い取ってもらうことになります。

 

余剰買取としている場合は、実際に家庭で消費されたうち余った分のみを送電し、全量買取の場合は発電された電力がそのまま送電されます。買電において単価調整を行うことで、より売電で発生する利益を増やすことが可能です。